お気に入りのシェフの味を、週末の食卓に。
レシピ考案者

フレンチ
清水 郁夫
«牛バラ肉とキノコのストロガノフ 〜ポルト酒の香り〜»
日本でも馴染みのあるビーフストロガノフ、その起源はロシア人伯爵だとされる料理です。ロシアではソースにサワークリームを使うのが定番ですが、生クリームなのがフランス流。今回は、ポルト酒の豊かな香りとパプリカパウダーの味わいをアクセントとして加え、レストランさながらの仕上がりを実現します。

«ポワローとビールのスープ»
ビールをスープに仕立て上げるという、なんとも驚きのレシピです。ドイツにほど近い、アルザス地方だからこそ誕生した料理。フランスの中でも寒冷な地域であるため、からだを温めてくれるスープとして、その土地の人々から親しまれています。ネギの仲間・ポワローの甘みも、ビールと好相性です。
調理時間
45 min
下ごしらえ
15 min
難易度
ふつう
賞味期限
2 days
辛さ
辛くない
オーブン
不要
ミキサー/フード
プロセッサー
不要
アレルギー
材料
A 牛バラ肉とキノコのストロガノフ 〜ポルト酒の香り〜
葡萄牛バラ肉150g玉ネギ1個トマト1個シメジ1パック※バター2個生クリーム50mlデミグラスソース150mlポルト酒30mlブイヨンキューブ1個パプリカパウダー小さじ21.5合オリーブオイル適量適量胡椒適量適量
B ポワローとビールのスープ
豚肩ロース100gポワロー1/2本※バター2個グラナパダーノチーズ20gビール1缶コンソメブイヨン1本オリーブオイル適量適量胡椒適量適量
・・・ ご自宅でご用意いただくもの。
※の食材は主菜・副菜共通のため、分量を正確に量って使うこと。
本商品の調味料にはアルコールが含まれております。
未成年者の飲酒は法律により禁止されています。
調理器具
フライパン
お気に入りのシェフの味を、週末の食卓に。

作り方

How to Cook
このメニューをシェア

同じ週のお届けメニュー

Menu in Same Week