お気に入りのシェフの味を、週末の食卓に。
レシピ考案者
シチリア屋
イタリアン
大下 竜一
«イワシのグラティナート»
『グラティナート』とは野菜、チーズ、パン粉等をまぶしてオーブン焼きにする料理。今回はシチリアでもポピュラーな食材のイワシを合わせます。イワシ、トマト、チーズを何層にも重ね合わせて焼き上げると、外はカリッと、中はふっくらトロッとした食感に。レモンの爽やかな香りが更に食欲を掻き立てます。

«ナスのカポナータ»
シチリアの定番料理として欠かせないのがカポナータ。ナスが主役であれば、他の材料は各家庭やお店によって様々です。自由自在にアレンジできるこの料理は冷やして召し上がるので、前もって作り置きも可能な便利な一品です。
調理時間
45 min
下ごしらえ
30 min
難易度
ふつう
賞味期限
2 days
辛さ
辛くない
オーブン
必要
ミキサー/フード
プロセッサー
不要
アレルギー
小麦粉、乳
材料
A イワシのグラティナート
イワシの開き 1パックイタリアンパセリ1本バジル6枚レモン1個ホールトマト1缶グラナパダーノチーズ30gパン粉80gシチリア産オリーブオイル40ml適量
B ナスのカポナータ
フィレンツェナス1本玉ねぎ(赤)1/2個セロリ1本グリーンオリーブ4個塩蔵ケイパー5gアーモンドダイス5g赤ワインビネガー30mlシチリア産オリーブオイル50ml砂糖適量適量適量
・・・ ご自宅でご用意いただくもの。
シチリア産オリーブオイルは主菜・副菜で使うため正確に分量を計っておくこと。この料理はオリーブオイルの味と香りが重要なため、必ず付属のものを使用すること。
調理器具
フライパンボウル
耐熱容器
お気に入りのシェフの味を、週末の食卓に。

作り方

How to Cook
A
B
A イワシのグラティナート
A-01
シチリア産オリーブオイルは主菜・副菜で使うため正確に分量を量っておくこと。この料理はオリーブオイルの味と香りが重要なため、必ず付属のものを使用すること。
A-02
イタリアンパセリ1本は、葉の部分のみをざく切りにしておく。
レモン1個の皮をピーラーで剥く。皮の白い部分は苦いため、黄色の部分のみ剥くように注意する。
レモンの皮はみじん切りにし、果実の部分は絞っておく。
オーブンを200度に温めておく。
A-03
ボウルにざく切りにしたイタリアンパセリ、レモン1個分の絞り汁、パン粉80g、グラナパダーノチーズ30g、シチリア産オリーブオイル40mlを入れ、全体がしっとりするまで混ぜ合わせる。
A-04
イワシ1パックは水洗いし、表面の汚れを落としておく。包丁で尾びれと背びれを取り除き、ウロコが残っている場合は包丁の背を使って下処理をしておく。キッチンペーパー等を使い、水分をよく拭き取っておく。
A-05
鍋にホールトマト1缶を入れ、木べら等で潰しながら、中火にかける。沸騰したら弱火にし、蓋をせずに水分が半分になるまで煮詰める。
A-06
トマトソースが煮詰まり、ソース状になったら、塩を1つまみ入れる。
A-07
耐熱皿を用意し、トマトソースの約1/3量を敷き詰める。
A-08
トマトソースの上にイワシを2枚分並べ、A-03のパン粉を約1/3量ふりかける。再びトマトソース約1/3量、イワシ2枚分、パン粉約1/3量を同様に重ねる。最後に残りのトマトソースを敷き、バジル6枚を均等に散らし、残りのイワシ2枚分とパン粉を重ねる。
A-09
200度のオーブンで25分焼き、しっかりと焼き色を付ける。160度に温度を下げて更に10分程じっくりと中まで火が通るように加熱する。
A-10
オーブンから取り出し、イワシのグラティナートをお皿に盛り付ける。仕上げにみじん切りにしたレモンの皮をお好みで散らして完成。
お気に入りのシェフの味を、週末の食卓に。
B ナスのカポナータ
B-01
シチリア産オリーブオイルは主菜・副菜で使うため正確に分量を量っておくこと。この料理はオリーブオイルの味と香りが重要なため、必ず付属のものを使用すること。
B-02
フィレンツェナス1本はピーラー等を使って、縦にシマシマ模様に皮を剥き、一口大にカットする。
水1Lに対して、塩大さじ1を入れ、カットしたナスを30分程漬け、アク抜きをする。アク抜きをしたナスは絞って水気を切っておく。
B-03
玉ねぎ(赤)1/2個は皮を剥き、薄めのくし切りにする。
セロリは食べやすいサイズに斜め切りにする。
塩蔵ケイパー5gは水で軽くすすぎ、周りの塩を落としておく。
B-04
鍋に玉ねぎ(赤)とカットしたセロリを入れ、具材が浸るくらいまで水を加え、中火で煮る。
B-05
玉ねぎ(赤)とセロリが透明になり、水分が半分ほどに煮詰まったら、シチリア産オリーブオイル50mlを加える。
B-06
フィレンツェナス、グリーンオリーブ4個、塩蔵ケイパー、アーモンドダイス5gを入れ、再度中火で煮る。
B-07
沸騰したら、赤ワインビネガー30ml、砂糖2つまみを入れ、酸味と甘味の両方を強く感じる味わいに仕上げる。お好みで塩1つまみを加え、味にメリハリをつけても良い。
B-08
冷蔵庫で冷やし、お皿に盛り付けて完成。
(時間に余裕があれば、一晩寝かせることで、より味が馴染み美味しくなります。)
このメニューをシェア

他のメニュー

Other Menu
受付終了