お気に入りのシェフの味を、週末の食卓に。
レシピ考案者

イタリアン
稲川 信太郎
«サバのカルタファタ包み焼き〜ハーブ風味〜»
南イタリアでよく使われるハーブをオリジナルの分量で合わせた料理。カルタファタという特殊な素材で包み込むことで香りを活かした特殊な調理法です。

«カラブリア名物、シラスとンドゥイヤの炎のカサレッチェ»
カサレッチェは“家庭の”、 “家庭で作った”という意味のポピュラーなパスタです。カラブリア特産のよく見られる組み合わせのパスタソースをお伝えします。
調理時間
20 min
下ごしらえ
10 min
難易度
かんたん
賞味期限
2 days
辛さ
辛くない
オーブン
必要
ミキサー/フード
プロセッサー
不要
アレルギー
小麦
材料
A サバのカルタファタ包み焼き〜ハーブ風味〜
サバフィレ2枚ジャガイモ1個ミニトマト6粒ニンニク1/2片ローズマリー1本ケイパー酢漬け25gオレガノ1つまみフェンネルシード1つまみ白ワイン130mlカルタファタ2枚適量胡椒適量オリーブオイル適量適量
B カラブリア名物、シラスとンドゥイヤの炎のカサレッチェ
カサレッチェ100gシラス100g玉ねぎ(赤)1/2個ミニトマト8粒ニンニク1/2片イタリアンパセリ1本ンドゥイヤ20g適量胡椒適量オリーブオイル適量適量
・・・ ご自宅でご用意いただくもの。
本商品の調味料にはアルコールが含まれております。
未成年者の飲酒は法律により禁止されています。
調理器具
フライパン
お気に入りのシェフの味を、週末の食卓に。

作り方

How to Cook
A
B
同梱するカルタファタはイタリアで開発された透明な耐熱性のクッキングラップです。材料を包んで加熱するため、食材自身の水分や油分で調理され、風味や香り、栄養分を逃さず、旨みを引き出すことができます。
A サバのカルタファタ包み焼き〜ハーブ風味〜
A-01
オーブンを200度に温めておく。ジャガイモ1個は皮を剥いて、1cmの厚さにカットする。蒸し器でカットしたジャガイモを10分程蒸す。時間がない場合はジャガイモをお皿に並べて水を20ml入れてラップし、5分程レンジで加熱する。竹串がすっと入るくらいの柔らかさにする。
A-02
ミニトマト6粒は縦に半分にカットし、切った面に塩で下味をつける。ニンニク1片を縦にカットし、中の芽を取り除く。半分をスライスにし、もう半分は副菜で使うため残しておく。
A-03
サバ2枚の表面の水気を拭き取り、塩3つまみ程で下味を付ける。
A-04
カルタファタ2枚を並べ、それぞれのシート上に次の食材を均等に分けて載せていく。加熱したジャガイモ、サバ、カットしたミニトマト、スライスしたニンニク、ローズマリー1本、ケイパー酢漬け25g、オレガノ1つまみ、フェンネルシード1つまみ、白ワイン50ml、塩1つまみを順に重ねていく。
A-05
カルタファタを巾着袋のように縛り、タコ糸を使ってしっかり結ぶ。タコ糸が無い場合はカルタファタの端を切って紐状にして代用する。(カルタファタはイタリアで開発された透明な耐熱性のクッキングラップ。材料を包んで加熱する為、食材自身の水分や油分で調理され、風味や香り、栄養分を逃さず旨みを引き出す事ができる)
A-06
200度のオーブンで20分ほど加熱する。
A-07
カルタファタを開封せず、お皿に乗せる。食事する直前にカルタファタの結び目をほどきオリーブオイルをかけて完成。
お気に入りのシェフの味を、週末の食卓に。
B カラブリア名物、シラスとンドゥイヤの炎のカサレッチェ
B-01
パスタを茹でるお湯を用意する。水1Lに対して塩小さじ2を加え沸騰させておく。
B-02
玉ねぎ(赤)1/2個をスライサーを使って薄くスライスする。
水に2分程さらし、その後水気をよくきっておく。
ニンニク1/2片は芽を取り除き、みじん切りにしておく。
イタリアンパセリ1本の葉の部分のみを刻んでおく。茎は使用しない。
B-03
フライパンにオリーブオイル大さじ2を入れて、刻んだニンニクを加える。オリーブオイルにニンニクの香りを移すよう、弱火でじっくり加熱する。
B-04
ニンニクがほんのりキツネ色になってきたところで、スライスした玉ねぎ(赤)の半分を加え、もう半分は盛り付けように取り置いておく。玉ねぎ(赤)はしんなりとするまでソテーする。玉ねぎ(赤)がしんなりしたらミニトマト8粒を入れ、柔らかくなるまで炒める。
B-05
フライパンにンドゥイヤ20gを加え、弱火で溶かしながら香りを出す。
B-06
ンドゥイヤが溶けてなくなってきたところで、シラス100gを入れ、ひと煮立ちさせる。
B-07
パスタを茹でる。茹で上がったパスタの水気を切りB-06に入れて、オリーブオイルを小さじ2程加えて、混ぜ合わせながら乳化させる。
B-08
塩と胡椒で味を調え、お皿に盛り付ける。イタリアンパセリとB-04で取り置いた玉ねぎ(赤)を上から散らして完成。
このメニューをシェア

他のメニュー

Other Menu
受付終了